博多が生んだ中国輸入玄人。原之薗聖二のブログです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon新ブランド登録の登録方法と今後の動向

原之薗です。

本日はAmazonブランド登録の内容変更と今後の動向について。

Amazonも「新ブランド登録」と名づけています(笑)

以前までの登録要件からの変更点と今後登録しておくべきか。

結論から言うと登録しておくにこしたことはないです。

我々のような中国輸入セラーは、ノーブランドからブランドに昇華させていくわけですし。

ちょっと面白い情報も入ってきたので、順を追って解説していきたいと思います。

 

Amazonブランド登録ってなに?

ご存知の方も多いと思いますが、そもそもAmazonブランド登録ってなんなの?というところから。

Amazonでは自社のブランドを保有している場合に、Amazon上で有効な権限が付与されていました。

・カタログの編集権限の強化

・相乗り排除要件となる

・カテゴリー上で登録ブランド一覧に載る

他にも多少ありますが、上記3つが大きなところです。

中途半端な相乗りセラーにキラーパスを出すために登録する方が多かったのではないかなと思います。

とは言え、ガッツリOEM/ODMや総代理などやっている場合にはそもそも相乗りなんてこないので、特にメリットがあるわけではないです。

カタログがロックされづらくなるくらいですね。

 

今回の大きな変更点

大きな変更点としては、登録要件として「商標登録が必須」になったところです。

以前までは、商品自体への恒久的なロゴ入れや、オリジナルパッケージ、自社サイトくらいで申請許可が降りていました。

この辺は今までどおりですが、これらに「商標登録」が加わった感じです。

ちなみに、商標の登録は「標準文字」でOKです。

登録方法と詳細は以下のAmazon公式ページから確認できます。
https://services.amazon.co.jp/brand-registry.html

豆知識

当たり前ではありますが、標準文字で申請した商標と、Amazonに申請するブランド名が同一である必要はあります。

ロゴにブランド名が入っている場合で、よほど特殊文字でない限りは標準文字で問題ないですが、心配な方で費用的な余裕がある場合はロゴでの商標も取っておくと良いです。

 

今後のAmazonブランド登録の動向

基本的には前述したとおり、簡易的なOEMではなく、ちゃんとした形でブランドを保有している場合はさほどメリットがあるわけでは無いです。

ただし、Amazon自体がブランド保有要件として「商標登録」を推奨しているということは、今までよりも相乗り排除はしやすくなる可能性はあります。(※あくまでこれは原之薗個人の意見です)

なぜそう思えるかは、Amazon公式ページでの言葉からも伺えます。

Amazonの「ブランド登録」は、Amazon上での自社ブランドの登録商標の保護活動をしやすくするとともに、お客様に対して信頼性と満足度の高いお買い物体験を提供することを支援します。

ブランド登録を行うことで、独自のテキストや画像による商品検索機能や、過去の知的財産権侵害の申し立てのデータに基づいた自動予測を利用できます。また、登録したブランド名に紐づく商品の出品状況を把握したり、商品詳細ページの情報を優先的に変更したりできます。

今すぐブランド登録を行って、知的財産権を侵害する商品を減らし、またAmazon上で正しく自社ブランドのイメージが表現されるように一緒に取り組みましょう。

引用元:https://services.amazon.co.jp/brand-registry.html

 

中でも、「過去の知的財産権侵害の申し立てのデータに基づいた自動予測を利用できます。」

この辺がひっかかるところです。

 

新ブランド登録以前の登録はどうなるの?

今回から適用されることとなった登録要件以前からAmazonブランドを所有している場合、特に再審査があるわけではないようです。

実際に商標を登録していないブランドに対しての、再審査の案内等はきていません。

今後変更される可能性はあります。

 

注意点

特にこの件に関しての注意点ではないのですが(笑)

もし、万が一過去にアカウントが閉鎖されたなどの経験がある方は、商標の登録住所から過去に閉鎖したアカウントとの関連性を問われる可能性はあります。

該当する方は、この記事を見て「あっ、じゃあ申請しよう!」ではなく、一旦落ち着いて判断するようにしてください。

商標の申請をしたはいいものの、「後々気づいた」では時間も費用も無駄になってしまいます。

書かなくてもいいことかもしれませんが、念のため書かせていただきました。

 

結論として

そもそも相乗りされるような商品を取り扱っていない場合は、あまりメリットが大きいわけではない。

というお話をしましたが、至極真っ当に運営をされていてブランドを保有している場合には登録しておいたほうが良さそうです。

今後ブランドホルダーのみに付与される特別なプログラムも出てくるかもしれません。

というものも、面白い情報が入ってきたと冒頭に書きましたが、ウワサ話程度に心に留めておいてください。

所有者のみの特別プログラム

現在、アメリカAmazonではブランド所有者が受けられる「特別プログラム」がベータ版としてテストされているようです。

内容としては、「Amazonが商品レビューを書いてくれる」というもの。

「え?どういうこと?」

はい。登録ブランドの商品を特別なカスタマーに提供してレビューを書いてもらうということですね。

現在、我々のようなイチセラーでは禁止されている行為をAmazonがおこなってくれるというものです。

やろうと思う場合は通常「VINEメンバー」にお願いしなければならないものです。

アメリカAmazon(Amazon.com)で採用されたシステムが、遅れて日本のAmazon(Amazon.co.jp)に反映されます。

この流れは常にそうです。

例えば日本Amazonのスポンサープロダクトは商品一覧の下部に表示されていますが、アメリカAmazonは上部に表示されるようになっています。

日本Amazonも現在テストしているような感じです。

商品検索結果によっては日本Amazonも上部に表示されます。

近々全て上部に表示されるようになるでしょう。

気になる方は色んなキーワードで試してみてください。

この記事を書いている7月7日時点では「壁紙 木目」というキーワードでの検索結果ではスポンサープロダクト広告が最上部に来ています。

こういった告知なしのテストがAmazonでは頻繁におこなわれています。

「あれ?今日売上の調子いいな!」と思ったらこういったことが関係していたりするのです。

話が逸れてしまいましたが、あくまでウワサ話程度に留めておいてください。

クドイようですが、ウワサばな…

 

この記事のまとめ

・新ブランド登録には商標登録が必須

・取得する商標は標準文字商標で良い

・改正前の登録には「今のところ」影響はない

・ブランドホルダーのみの特別なプログラムが今後ある…かもしれない

・登録しないよりはしておいたほうが良い

 

登録方法はこちらからでも確認できます。
https://services.amazon.co.jp/brand-registry.html

 

何事も、しないよりはしておいた方が良い事ってたくさんあります。

とはいえ、あれもこれも取り組むのではなく、今必要なことに集中することが一番大事です。

以上、新Amazonブランド登録と今後の動向についてでした。

 

著者プロフィール

原之薗 聖二~物販極者~
1989年福岡県福岡市生まれ。息子1人、娘2人の三児の父。博多が産んだ中国輸入玄人(自称)
日中貿易協会ボードメンバー兼本部マスター講師。プレイヤーとして販売する傍ら、常に最前線で使えるノウハウや情報、個人レベルでの物販ビジネスの構築方法、会社レベルでの組織作り、少人数で売上をUPさせるプロセスを伝えている。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。